【返品サイズ交換可】レッドウィング ワーク オックスフォード ラウンドトゥ REDWING 8001 WORK OXFORD ROUND TOE ORORUSSET PORTAGE【コンビニ受取対応商品】-ペコスタイプ

掲載マンション数6,060
登録部屋総数45,828部屋
メンバー登録者数2,237




靴によって大きさって違いますよね?
◆サイズ選びにお悩みの方◆
当店調べではありますがサイズ目安表をご用意しました。
ご購入の際のご参考にご利用下さい。
基準値は?(当店参考値です)
・アディダス スタンスミス
 普通/やや幅狭
・コンバース ジャックパーセル
 普通/やや幅狭
・バンズ 全般
 普通/普通
・パトリック スタジアム
 普通/やや幅狭
・グラビス ターマック
 普通/普通
・レッドウィング(Dワイズ)
 やや大きい/普通
※上記値は当店スタッフが着用した感じでの値です。サイズ選びの際の目安としてあくまでもご参考までにご活用ください。

[ ブランド ] レッドウィング  RED WING
[ ジャンル ] 短靴
[ 素  材 ] アッパー:オロラセット ポーテージレザー※
      製法:オールアラウンド グッドイヤーウェルト
      ソール:トラクショントレッドソール

【レッドウィングを代表する 短靴 WORK OXFORD】】

1905年、アメリカミネソタ州のレッドウィングという小さな町に一軒の靴工場が誕生する。町の名を冠したレッド・ウィング・シューカンパニーである。創業者は自らを「シュー・マン」と名乗るほど、靴に情熱を注いでいたチャールズ・ベックマン他、その思いに賛同した仲間14人。現在でも、アメリカ国内での生産にこだわり、本格的な作りに相反した控えめの値段設定などの条件が重なり、世界中のワークブーツを代表するブランドへと成長した。現在では、赤い羽根がロゴマークとして用いられている。日本では、レッドウィングジャパン (Red Wing Japan) が輸入や企画・生産などを執り行っており、アメリカのレッドウィング社とは型番やモデルが違うものとなっている。

1952年に発売され、高い評価を得ていた8インチ丈の#877に、いくつかのバリエーションが加えられた。1954年の事である。画期的なクッションソールと、赤みを帯びたブラウンのオロラセットが特徴であったこのシリーズの中には、後にレッド・ウィングを代表するブーツとなった6インチ丈の#875に加えて、オックスフォード(短靴)があった。#875が大きな評価を得て、アメリカを代表するブーツとなる傍ら、オックスフォードは目立たないながら、軽作業用のワークシューズとしての地位を確立した。70年代に入り、一度は表彰台から姿を消したこともあったオックスフォードは、その後、レザーライニングの採用やモカシンステッチの変更を経て、現在の形へと進化を遂げた。

※ポーテージレザーとは履き込むほどに味わいを深める赤みがかったブラウン。1950年代に当時の#877に採用されて以来、高い評価を得ている、今日のレッドウィングを代表するレザー。。

その他の新築物件を見る(157棟)

PAGE TOP